不用品ならなんでも回収?

 

一般廃棄物を回収するためには「一般廃棄物運搬収集運搬業許可」という許可が必要と言われており、これは、実に取得の難しい許可であると言われています。

もし、不用品を「ゴミ」としてでなく、リサイクル品などとして「買い取る」のであれば、この一般廃棄物運搬収集運搬業許可は必要ないとされているようです。

しかし、そういった際には、絶対的に壊れてしまった家電や、生ゴミといったように回復できない状態の廃棄物は回収することはできないでしょう。

 


よく「不用品ならなんでも回収します」といったような謳い文句を大きな音で流しながら地域を巡回する車がありますが、そういった業者の「なんでも回収」というのは、果たして本当に「なんでも」なのでしょうか?

もしそうであれば、その業者は一般廃棄物運搬収集運搬業許可を得ているはずなので、依頼する前に確認してみることをお勧めします。

 

持っていない場合の「なんでも回収」という宣伝は、あくまで廃棄物以外のものに限定されてしまい、結局は「なんでも回収」にはならないといえるでしょう。

しかし、もし一般廃棄物運搬収集運搬業許可を持っていない業者だった場合などでも、明らかに生ゴミなどの廃棄物や、リサイクル出来ないような壊れた家電や家具まで回収しますと宣伝していた場合、それは違法行為であり、本当に「回収」だけしてくれる場合はまだ良いと言えるでしょうが、決まって不当な金額を請求される場合が多いといえるでしょう。

このような違法業者の手口は、ほとんどが屁理屈のような請求が多く、「回収無料」を謳っているくせに、「運搬費」などで多額の費用を請求されかねないでしょう。出来すぎた宣伝文句などには十分に注意した方が良いのではないでしょうか。