不要品回収業者の見極めかた

 

不用品回収には、大きく分けて2つの業者が存在するといえるでしょう。

ひとつはゴミなどの一般廃棄物を回収する業者であり、これを行うには「一般廃棄物運搬収集運搬業許可」という許可が必要と言われています。

もうひとつは、リサイクル出来るような品物を「買い取る」業者であり、これを行うには「古物営業法」に基づく「古物商許可」という許可が必要と言われています。

つまり、このどちらかの許可を持っていないのに不用品回収を行なっている業者というのは、違法業者である可能性が高いと言えるでしょう。

 

「一般廃棄物運搬収集業許可」というものは、地方でない限り取得するのが非常に難しいとされており、おおくの不用品回収業者は持っていない事が多いようです。

しかし、もうひとつの「古物商許可」というものは、「一般廃棄物運搬収集業許可」に比べ、取得しやすいと言われているようです。これは、対象物が「ゴミ」ではなく「まだ使える可能性のあるもの」であれば「買い取る」事ができると言えるからでしょう。

もし、不用品回収業者を選ぶ際に不安であれば、その許可を提示してもらえるように依頼しましょう。

違法業者でない場合、なんのためらいもなく、むしろ迅速に提示し、より良い信頼を得ようとするのではないでしょうか。許可も取得できていないのに派手に宣伝したり、うますぎる話を持ちかけてくるようであれば、違法業者だと思って、依頼しないよう気をつけると良いでしょう。依頼してしまってからキャンセルなどを申し出ても「運搬費」などを二倍にして請求しますというめちゃくちゃな理屈で請求がくるかもしれません。

依頼する前に、しっかり業者を見極めましょう。