不要品回収業者の費用

 

不用品回収業者には、大きく分けて2つの種類の業者があるとされているようです。

ひとつは家庭ゴミなど、「廃棄物」を回収する業者であり、この一般ゴミをためには「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得していなければ回収できないことになっているようです。

つまり、この許可のない不用品回収業者は、どんな手を使ったところで、本来は「一般家庭から出る廃棄物」と言ったゴミの回収はできません。

悪徳違法業者の中には、この「一般廃棄物収集運搬業許可」を取得していないのに一般家庭ゴミを「不用品」として回収し、不当に「ゴミの処理費用」を請求する業者が存在するようです。

なんの許可も取得してない業者はもちろんですが、例えば「古物商許可」だけを持っている業者の場合にも「ゴミの処理費用」を請求するのは違法であると言えるでしょう。

 

しかし、この場合、買取を依頼したはずなのに料金を請求されること自体は起こり得るようです。

これは「ゴミの処理費用」としての請求ではなく、作業員の作業代金や出張代金、運搬料金などと言った必要コストを、買取査定額から差し引き、マイナスが出てしまった場合に限られているようです。

こう言った請求は、法には触れていないと判断されるため、間違って警戒することのないようにしなければならないでしょう。

大切なのは、行為だけでなく、その詳細な部分といえるのではないでしょうか。請求された金額の内訳がわからなかったり、金額がおかしいと感じた際は、すぐに業者に何の費用であるかということと、その内訳を納得できるまで説明してもらうようにし、きちんと正しく判断されているのか見極める心を持っておくべきであるといえるでしょう。