家電リサイクル法対象品の回収

 

不用品の中には「家電リサイクル法」の対象となっている品物もあるのではないでしょうか。

例えば、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などが対象となっており、これらの品物は、そもそも廃棄物であるかどうかは問題ではなく、一般廃棄物の収集運搬許可という許可を取得していない場合、処理することはもとより、収集し、運搬することはできないことになっているようです。

また、これらの対象の家電を処分するためには、リサイクル費用として「リサイクル料」が国により定められており、さらには移動のための「運搬料」などが必要と考えられます。

 

しかし、そもそも一般廃棄物の収集運搬許可を取得していない不用品回収業者は処理も収集運搬もできないことになっているのため、このような料金を請求することはできないことになっているようです。

ただし、中には例外もあるようで、大手の量販店というような「小売店」から依頼されている業者の場合、一般廃棄物の収集運搬許可を取得していなくても「産業廃棄物収集運搬業許可」さえ取得していれば、このような家電リサイクル法の対象商品を収集し、運搬しても良いというルールがあるようです。

この「小売店」は大手の量販点だけでなく、リサイクルショップなどのリユース専門の店も含まれているので気をつけておくと良いでしょう。

リサイクルショップとは関連していない回収や、リサイクルショップと提携していない不用品回収業者による回収で、家電リサイクル法にて対象とされている品物も回収しようとしている場合、提携先のリサイクルショップや大型量販店があるのか確かめてみるのが望ましいのではないでしょうか。