まずは分別から

不用品を処分したいと思った時、まずは何から始めるべきと言えるでしょうか。案外、真っ先に業者の種類や、自治体の回収ルールなどに目がいきがちですが、そこは一旦基本に立ち返り、まずは、本当に不用品であるのか考え、必要なものと不用品を仕分けすることから始めてみましょう。

ゴミは、できるだけ自分で処分することが大切と言えるでしょう。その後、各自治体の分別ルールに従って分別することが大切です。「粗大ゴミ」に関しては、住んでいる地域の自治体によって回収可能であるものや、料金体制といったものが異なっているため、自分の住んでいる地域の情報を確認しましょう。

現在では、自治体のホームページも見やすく発展しており、Webページから申し込んで、粗大ゴミ料金分のシールを購入できるところもあるようです。自身で購入する手間が省け、あとは不用品を指定の場所に出しておいて回収して貰えば完了です。ちなみに、各自治体では回収してもらえないとされている、ピアノや自動車など、普段あまり処分したことがなく、どうやって処分すべきか分かりにくい不用品の処分方法なども指導してくれているようなので、迷った際は、相談してみるのも良いのではないでしょうか。

回収していないから放置するといったことはないはずなので、どんなものでもまず相談してみると時間や手間も省けるのではないでしょうか。自身にとっては不用品ですので、時間も労力もかけたくないというのが本音でしょう。日頃からゴミ分別の知識をつけ、速やかに処分していけると良いのではないでしょうか。

粗大ゴミの分別ルールなどは、住んでいる地域によって大きく異なるため、引っ越すたびにきちんと確認しておくことが望ましいと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です